ECユニオンのスタッフブログ

2017年4月28日

ローカライズ?

こんにちは。インハナパンダです。

ローカライズしないとダメって良く言いますけど、
やりすぎると本来の良さがなくなってしまって意味がないですよね。

日本人のイメージでは、中華料理は油まみれで、中国人はそういうのが好きだと
思っている人は多いと思います。
私は逆だと思います。

料理に大量の油を使っていることは間違いないのですが、
中国で食べる料理は、そもそも素材自体には油が少ないんじゃないかと思います。
うちの奥さんは中国人ですが、焼き肉に行っても、高い霜降ったような肉は、
逆に脂っこい「很腻 hen ni」って言って食べません。
うちのスタッフも同じように、素材自体に脂がのったような日本人の若者が
好みそうなものは、同じように言います。
全体的になので、回鍋肉に使うような五花肉(豚肉の脂っこいやつ)を食べるときも
あります。
なので、スープも素材と考えると、油ギトギトのラーメンは、
食べる人が少ないっていうことになります。

なので、ラーメンが一番ローカライズされやすいのではないでしょうか。
それが日本人からしたら、あっさりすぎてまずいんです。

私は中国はユーロみたいなもんだと思ってます。
ヨーロッパがあって、その中にそれぞれの文化や人種がいて、気候も環境も違う。
なので、北京と上海と深圳と成都でも人と文化が違うし、
ウイグルやチベット、内モンゴルなんかは、もっと違うでしょうね。
中国でビジネスするってよくいいますが、
中国のどこ?っていつも聞いてしまいます。

話が脱線しました。ローカライズです。
成都ですごく人気がある行列ができる店「和幸」
和幸のローカライズは、すごくいいと思います。
基本的な味もスペックも日本と同じように努力して品質管理しており、
日本と同じようなレベルで出しています。
ご飯もおいしい。味噌汁もおいしい。
ご飯、味噌汁、キャベツはお代わり自由。これも同じです。

何をローカライズしているかと言うと、
キャベツのドレッシング。日本は確か青じそ?でしたか?
こちらはゴマドレです。
そして特製唐辛子ソース。
四川の人は辛くなければ味がないという人もいるくらい辛党。
もちろん普通のソースもあります。
成都の人って、ソース苦手な人多いんです。酸っぱいとか言って。
なのでトンカツにゴマダレかけてる人を良く見かけます。

この二つくらいじゃないでしょうか。
どちらもかけるものなので、普通に食べようと思えば食べれるし、
ローカライズさせようと思えばそれも可能。
本来の良いものを維持しながら、現地の人の要望にも応えている
和幸さんは、素晴らしいと思います。

最近成都で急成長のすき家さんも、この短期間で一気に13店舗まで増やしています。
エリアごとにメニューも違うそうですが、
四川エリアでは、四川料理×牛丼のコラボをかなり研究しています。
最新作は麻婆豆腐×牛丼。
生卵はさすがに食べれませんが、それ以外は普通の牛丼を頼めば、
普通においしいです。便利なので週5で通ってます。

日本旅行で日本の本来の味を食べに行っておいしいっていう人がたくさんいるので、
やっぱり本来の味を生かして、勝負してほしいですね!

何が言いたいかというと、結局は、
自分がおいしいもの食べたいだけなんですけどね・・・

↓和幸の特製タレ

2017年4月18日

広州交易会などの仕入れ旅

こんにちは。インハナパンダです。

今日は、先日行ってきた仕入れの旅についてお話します。

中国には、広州交易会という世界のバイヤーが集まる
博覧会があります。

年に2回くらいでしょうか。
私は3回目です。

超どでかい展示場で、ジャンルごとに3回に分けて開催されます。

今回はあるお客様たちと一緒に行ってきました。

毎回ここにくると、何とかソニックくらいのメーカーが自分でも
つくれんじゃねーかと思うほどいろんなものがあります。
しかも意外と簡単に商品が作れてしまいます。
ロットはでかいですけどね・・・

大体交渉となると、ロットと単価を聞きます。
広州交易会に出てくる工場は、国際基準で考えてるので、
少し高めに値段を出してきます。
その分、中国国内で発注するよりも値段が高くなりますが、
品質は良くなるらしいです。
ましてや日本というと、品質がうるさいのを知っているので、
さらに高くなるかもしれませんね・・・・

初日は交易会に参加したのですが、今回はその日にそのまま
世界の市場と呼ばれる義烏(イーウー)に行きました。
ここは安い生活用品(100均で売ってるようなもの)が
めちゃくちゃ売ってます。
しかも安い。

国際貿易センターというところに行くと、
ブースが死ぬほどあります。
単品では売ってくれません。

これいくら?単価1元です。
数量は?と聞くと、段ボールの数で言われます。
普段そんな買い物してないので、
段ボール3ケースです。とか言われても、
まったくわかりません。
「段ボールで1000個入って、最低5ケースですね」
みたいな感じです。

とりあえず中国で有名な仕入れの場所は、
この2件ではないでしょうか!

興味があればご案内しますよ^^

2017年3月16日

3月15日は「国際消費者権益日」

3月15日は「国際消費者権益日」で、

中国はいろんなニュースがでます。

その中で今回話題となったのが、
日本の放射能の件です。

もともと中国では、生産地が十都県の商品を
規制しています。
十都県とは、福島、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟、長野です。

今回のニュースは、
カルビーのフルグラや、
ワコウド−のぐんぐん、無印良品の食品で、
工場が十都県に含まれるため、
放射能あぶないよーという内容。

元々あまり規制の及ばない越境ECがクローズアップされ、
たたきまくっております。
越境での食品関連が大きくなってきたので、規制をしたいのかもしれませんね。

これを気に越境ECの規制が進むかもしれませんね。

中国の日常で使う決済

こんにちは、インハナパンダです。

 

私は中国で、wechatウォレット(微信钱包)と

アリペイ(支付宝)をよく使います。

お店での決済は、銀聯を使います。

今の中国ではこの3つがないと生活できません。

 

【それぞれの作り方】

銀聯は、銀行のカードにはデフォルトでついているので、

簡単に取得できます。

微信钱包は、私が作った時は、送金を一回してもらったら

できましたが、今は銀行のカードによる認証が必要みたいです。

支付包は、けっこうめんどくさかったのですが、

パスポート情報などをアリペイで承認してもらわないと

できませんでした。確かビザと入国スタンプもスキャンしたような・・・

けっこう大変でした。

 

【銀聯】

銀聯は、昔からあって、たぶん10年前には

もう日常で使っていたと思います。

中国って現物交換的なところがあるので、

あるものを交換するという面では、

クレジットカードよりもデビットカードが

普及したのではないかと思います。

銀聯は、どこの店にも端末があるので、

ご飯を食べたとき、買い物したときに使います。

日本でクレジットカードで決済するイメージです。

ネットショップで使ったことは一度もありません。

 

【支付宝】

支付宝はもともと淘宝の決済で使われてきましたので、

私は主に淘宝で買い物する時に使います。

中国では、ECが始まったころ、

やはり騙されるといったことが心配で

クレジットカード等では普及しませんでした。

淘宝は、支払いしても、アリペイで一度預かり、

荷物が届いて、届きましたボタンを押したら、

お金が振り込まれる仕組みになっているため、

リスクを軽減できる仕組みで安心を確保しました。

それで普及したんでしょうね・・・

最近では、普通にコンビニで決済したりできます。

自分の携帯の画面でバーコードを出して、

専用のリーダーで読み込むと決済ができます。

最近、現金持ち歩いてる人、少ないんじゃないでしょうか。

アリペイのシステムの中には、チャット機能があり、

友人間での送金も可能です。

お昼に外で食事に行くと、代表者が現金で払って、

割り勘をアリペイで送金したりします。

超便利です。割り勘でも細かい決済ができますし。

 

【微信钱包(wechat ウォレット)】

こちらもアリペイに似ているのですが、

ネット通販でいうと、京東商城で使います。

もともと京東商城は、代引きが多かったのですが、

たまに店舗出品だと、代引きができないのがあるので

微信钱包で支払います。

あとは、アリペイと同じように、友人間の送金などに

多く使います。さっきの割り勘などです。

微信钱包では、紅包(お年玉)機能があり、

複数の人にお年玉をあげることができます。

これについては、また今度話します・・・

アリペイにもあるんですけど、こっちの方が先なのかな?

あと、私個人で言えば、携帯電話の入金や、

レンタル自転車の支払いに使っています。

 

使い方は人それぞれだとは思いますが、

中国で生活する中では、もうこの電子マネーでの決済は

不可欠になっています。

 

いろんなアプリがあるんですけど、

中国の身分証明証番号がないと先に進めなかったりが

まだまだあるので、外国人にとっては、

不便なことは多いんですけどね・・・

 

日本でもこれあったらいいのになというのは、

多々あります。

なんかの規制でできないのかもしれませんけど。

 

なんかこういうのって、もう中国の方が進んでる気がします。

 

注)使い方については、あくまで個人的なものです・・・

2017年2月27日

商品登録案件file.No,002178

こんにちは。成都パンダです。

本日より、私がブログを書いていこうと思います。

主に成都や弊社や業界で起こっているありとあらゆることを

書いていきたいと思います!

 

最近の案件であるのが、

自動車パーツの商品登録です。

自動車パーツのカタログって、何でこんなに難しいのでしょうか?

それでもって、メーカーにデータがないのか、くれないのか

よくわかりませんが、商品データがありません。

なのでやはりこの難しいカタログを読み解かなければなりません。

 

車関係で難しいのは、適合車種です。

カタログは型番ベースではなく、適合車種ベースが多いです。

なので、適合車種リストから該当型番を拾っていくため、

ややこしいのです。

そりゃそうですよね。お客さんは車から探しますよね・・・

誰も商品登録するためにカタログ作ってないし・・・

 

弊社インハナのスタッフは、商品登録1000万点以上を

こなしてきた強者ぞろいです。

こんなんできるのか?と思うものでも、

なんとか形にしてきます。

質問も意外と的確にしてます。

今回は入口だけ関わっていたのですが、

もう私はわからないので、任せちゃいました。たのもし〜〜い!

 

最近はやはり元データがしっかり揃って来るケースが多く、

こういう複雑なのは実は少ないです。

でも、複雑な方が、やる人が少ないから、

けっこう売れたりするかもしれませんね。

 

そんなめんどくさい商品登録は、

インハナにお任せください^^v

こんな作業は、商売人がやることではないです!

 

案件おまちしてまーす。

お問い合わせはお気軽に
お問い合わせフォームはこちら アウトソーシングお見積りフォームはこちら

スタッフブログ

ナカヤマンの物流ブログ インハナブログ

提携企業

株式会社シーポイント 株式会社夢や インターセクト

ECユニオンはミネルヴァホールディングスグループの企業です。

ECユニオンはミネルヴァホールディングスグループの企業です。