非効率を効率的にする方法。中山健人のブログ

サプライチェーンとよく聞きますが、これが中々難しい。。

2017年4月28日

ECユニオンのなかやマンです。

とある現場でのお話。。

営業部 Aさん「大量に一括で仕入れることによって、原価を10%割り引いて貰いました!」
物流部 Bさん「でも、それって何ヶ月分の在庫なの?」
営業部 Aさん「半年分ですね!」
物流部 Bさん「半年間の保管コストは!?」
営業部 Aさん「えーっと、、、ちょっと計算してみますね。。。。
       あ。。割り引いてもらった原価と同じぐらいかかりますね。。。」
物流部 Bさん「せっかく安く仕入れれたんだけど、在庫リスクが増えただけだねw」

という会話を遠くから聞いていたのですが、、
そこまで想定して動ける営業部の方は少数派ではないでしょうか?

私の持論は、「物流を改善するには営業部との連携が必須だ!」なんですけど
今回は、それを脇においておいて、、、サプライチェーンのお話です。

今回のようなケースを物流サイドだけで、なんとか出来ないものかなー!?
といろいろと考えていて、行き着いたのがサプライチェーンでした。

仕入先からのサプライチェーンでは、経由する箇所が少ないので
何処にストックを置いて、、、というのに対して選択肢があまりありません。

なので、今回のケースを「非効率を効率的にする方法」を考えると
「完成品からのサプライチェーン」じゃないのかなと。

日本で流通している商品の海外からの輸入品が多いですね!
なので、生産国からお客様に届けるまでをどう組むのか?で解決できる手段もあるのかなと!

善は急げということで、今回課題になっている現場で
どういった事ができるのか取り組みをスタートしようかなと思います!

また、進捗があればご報告します☆
 ※報告が無ければ失敗したなwと思っていただければとw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせはお気軽に
お問い合わせフォームはこちら アウトソーシングお見積りフォームはこちら

スタッフブログ

ナカヤマンの物流ブログ インハナブログ

提携企業

株式会社シーポイント 株式会社夢や インターセクト

ECユニオンはミネルヴァホールディングスグループの企業です。

ECユニオンはミネルヴァホールディングスグループの企業です。